私がミュージシャン時代に大失恋した話

LINEで送る

mari_white07

港区白金高輪出張マッサージ
Marimin

原田真理子です。

 


今日は、20代から
ミュージシャン活動をしてきた私が
なぜセラピストになったのか?


これは一部の人にしか
話してない内容で


めちゃくちゃ恥ずかしい~
内容だから


書くのにずっと躊躇してたけど、
このさい書いちゃえ~!!

これって今となっては
とっても必要だった


貴重な体験だったと
感謝してるよ。


ちょっと長いストーリーなので、
数日に分けていきます。

私がセラピストになった
根本の経験ってね

ずばり


「恋」


です(笑)

 

どこが繋がってるの~って
思うかもしれないけど、


私にとってはすっごく
繋がってんのよ!!

この恋がなくて今の私はない
って思うし、


これがあったから、
ここまでこれたんだと
思う。

 

ちょうど、24歳の時かな。
ライブ活動を始めたばかりで、


歌でイケイケな感じで
態度もかなりデカかった私は、


本気で人を好きになる
6年間の片想い
を体験したの。

 

それまでの私は人を本気で
好きになってなかったかもな~。


そんで、ある時

「本気で人を好きになりたい」

って思ったことがあってね。


その数か月後に


気が付いたら、
とっても素敵な
ミュージシャンの彼を
好きになって
恋してた。


恋ってね、歌を歌うのに
とっても必要なエネルギーで
恋愛の歌を歌ってても


好きな人いるのといないのでは
伝わり方や女性らしさが
全く違ってくるの。


だからこそ、本気で人を
好きになって


恋する人の気持ちを
伝えたかったのかな。

 

若い時はいっぱい恋しなさい
ってよく言われてたけど


まぁ私も人並みには
恋してきたよ。


だけどね、これだけの恋は
本当にあり得ない位
凄かったって今でも思う(笑)


まりちゃん=彼


のイメージが
周りの友達みんなにあったし、


いつも彼の話ばっかで
ウザかったし、

これこそパワフル200%
みたいな!!


当時のあだ名は

ごんた君(笑)

feb61a17dc60134f79ad8b56503092f6

デカいし、茶色い服ばっか来てるし

プライドという名の

着ぐるみ来てまして(笑)

 

だけど、一番ビックリしたのが
私って恋すると
めっちゃ


ぶ・き・よ・う


って我ながら
そんなんで良くずっと
好きでいたな~って思った。


なんか、すっごい好きなんだけど
好きってばれたくない態度が
逆にバレバレみたいな(笑)


ある意味わかりやすい
タイプだった。


会うと、クールなふりして
会わない時は、ずっと彼の事を
想ってるみたいなね。


だから自分からは絶対に
気持ち言わなかったというより、


傷つきたくない
プライドが邪魔して
言えなかった。


その変わり、
私のオリジナル曲は


全部彼に向けた
歌ばっか出来た。

20050906_Mari_at_PlanetK_03
恋愛ってこんなにも
楽しくもあり、
せつなくもあり、
苦しくもある・・・


6年もの間ずっと好きで
いたというよりは


途中で忘れるために別の人と
付き合ったりもした。


だけど、彼に会うと
また好きだった気持ちが
燃え上がり、
元に戻ってしまう。


完全に執着のレベルだ。


私の性格は、
何か本気になると


納得いくまで
絶対諦めないタイプ。


だからこそ、彼に対して
諦めたくなかったし、
付き合いたかった。


けど、告白は自分からしないから
周りはじれったいって言われたし、

もうやめなよ!!って
100万回位友達に
言われたけど、


「絶対やだーーーー!!!」


って断固拒否(笑)


もうバカな位想いが
大きくなってた。


なんて私って
うざいんだろう・・・

 

私は、恋愛を通じて
いろんな感情を磨く
経験をさせてもらったよ。


長くなってきたので、
続きはまた明日ね。


最後まで読んでくれて
ありがとう!!