自分の感情はコントロール出来ます


IMG_0391

半数以上のお客さまは経営者!

「ボディーラインの悩み」と
「心と身体のモヤモヤ」を解決できる
港区白金高輪氣功(気功)ボディーマッサージ 
Marimin(マリミン)
ボディーオイルマッサージ・気功・小顔・
ヘッドマッサージ・整体・骨盤(ゆがみ)調整
を組み合わせオーダーメイドで
あなたに合った内容で施術しています。
 
 

 

令和の時代になり、個の時代と言われておりますが、
私が考える「個」とは、

 1、自分の本質を知っていること

2、自分で感情のコントロールができること
3、自分がどうしたいのか答えがあること
4、他人軸ではなく、自分軸であること(依存)
5、自分を丸ごと認めていること
 だと思っています。

 5つのテーマを更に1つずつシェアしていきたいと思います。

 

 今回は、2の「自分で感情のコントロールができること」です。

 

1、自分の本質を知っていることの記事はこちらです。

 

 

人には感情という目には見えないエネルギーがあります。
喜怒哀楽いろんな感情があると思いますが、
この感情を味わうことが、生きていく中でとっても
必要な学びになると思います。

 

 

この感情って、他の誰でもない自分でしか
わからないですよね~。

 

うれしい、楽しい、面白いなど
明るいプラス感情の時は、特に問題ないと思いますが、

 

怒っている、悲しい、寂しいな
マイナスの感情の時には、他人に影響してしまい、
時にトラブルになってしまいます。

 

冷静な時の感情は、脳がニュートラルな状態なので
的確な判断が出来ると思いますが、
興奮状態の時は、脳が冷静な判断ができなくなり、
普段では考えられないような
言動や行動が出てしまいます。

 

その時、自分がどんな時に感情的になってしまうかを
理解していれば、自分で自分の感情のコントロールが
出来ると思います。

 

 

人には、思考のパターンがたくさんあって、
それが癖になっているのがほとんどです。
ですので、感情的でいらない癖が出た時に、
「あっ!!またこの癖が出てきた!!」って

 

なれた時は、自分の感情を俯瞰して
見れていることになるんです。

 

 

そして、ひと呼吸して冷静な自分に戻れる。
それが、自分の感情が
コントロールできている状態です。

 

感情をコントロールできることによって、
脳のストレスがかなり減って、
心も楽になれるんです。

 

 

まずは、自分がどんな時に感情的になるか
チェックしてみて下さいね。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。